治験を選ぶポイントはこれだ!トップメイン画像

治験の中には自分に合うもの合わないもの、条件にあてはまるものあてはまらないものとたくさんあります。自分に向いている治験の選び方についてまとめました。


自分にあった治験を選ぶには

治験には様々な試験があります。
飲み薬、貼り薬、目薬などなど、薬の種類は様々。
糖尿病向け、高血圧向け、ニキビ向けなど、ジャンルも分けられています。
当然、各試験ごとに条件があり、それに当てはまった人じゃないと治験を受けることはできません。
治験としての十分なデータがとられないので、条件に少しでも当てはまっていない人はアウトになるのです。

ですので、闇雲に治験を選んでいいわけではありません。
自分にあった治験をしっかり見て選ぶようにする必要があるのです。


治験の選び方は様々

選び方は人によって違いが出ます。
例えば健常者だったら、協力費の額を基準に選ぶでしょう。もちろん悪いことではありません。
疾患者の場合、自分に関係している疾患に関する治験を選びます。
このように、闇雲に選んでいるわけではなく、自分の中でピッタリだと思う最低条件を定めて選ぶのが基本と言えましょう。


選んでも受けられないパターン

折角治験を選んでも、受けられないケースもあります。
参加人数が満了になってしまうというのが最もの理由ですが、それ以外にも、条件に当てはまらなかったなどの理由も入ります。
自分の中では条件にあてはまっていたとしても、事前の検査でお断りになってしまうこともあるのです。
自分では気付なかった体調の変化などが条件を満たさないことはよくあります。
健康でいたつもりが、健康じゃなかったケースですね。
治験は受けられなくなりますが、逆に自分の状態を知ることができると言えましょう。

また、あまりにも遠方からの参加になっても断られることがあります。
参加する前に、再度条件を確認し直すことも大切です。


治験をバイトとして探す例

治験はボランティアの一つですが、アルバイトとして探している人も少なくありません。
確かに、協力費がもらえるので、アルバイトとして見られやすいのかもしれませんね。
アルバイトという認識は間違っていますが、探し方としては間違っていません。

以下の様なサイトで治験を見つけてくるケースもあります。
ご参考に。
治験バイトで50万稼いだったwwww